結婚

家族婚で二人の念願を叶えるべし|光輝くオモイデを刻みましょう

今どきの結婚式の価値観

花嫁

式はより小さく上質に

一昔前は結婚式というと一世一代の大イベントであり、豪華絢爛なものが主流でした。時代的なものもありましたが地域や仕事の人間関係のつながりが今より強かったこともあり、世間体という意味でもしっかりとした式と披露宴を挙げるべきという考え方が強かったのです。しかし最近ではその価値観は多様化しつつあります。もちろん豪華に挙げる人も多いですが、より小さな結婚式を求める人が増えてきつつあります。家族や近しい親族と友人のみでアットホームな時間を過ごして祝いたいという要望に応え、少人数のプランも大変多くなりました。しかしたとえ小さな結婚式でも、場所やドレスなどのこだわりは妥協せずに選びたいという上質さを求める人はますます増えそうです。

上質だけれど手頃な予算

小さな結婚式であれば全体的な予算を抑えることができ、その分こだわりたい部分にお金をかけることができます。自分たちや家族が満足できるような温かな式になれば良いので、決めるべきことも最小限で済みます。つまり小さな結婚式の良いところは、自分たちの意志とはうらはらに見栄や虚栄でいつのまにか気が付いたらオプションにお金がかかりすぎていたということが防げるのです。演出という観点ではなく、あくまでひとつの節目の行事という考え方であればおのずと余計なものはそぎ落とされ小さな予算で収まります。心のこもった丁寧な式は、出席した人たちの心にも強く残ります。長い結婚生活はそこからがスタートなので、身の丈に合った価値観をふたりで再認識する上でも結婚式のスタイルの選択は大切な通過点です。